介護保険の最新情報

高齢化社会を背景に、2000年からスタートした介護保険。基本的な仕組みと最新情報を知って、賢く利用すべきです。

サイトトップ > 介護保険の基本的な性格や目的などについて

スポンサードリンク

介護保険の最新情報

介護保険の基本的な性格や目的などについて


高齢化社会や核家族化の進展などにより、介護が必要なお年寄りを社会全体で支える新たな仕組みとして、2000年に介護保険が導入されました。


日本の制度は多くをドイツの介護保険システムからとり入れているとされ、介護保険料については新たな税負担への社会的な反発を避けてスタート当初は半年間徴収が凍結され、その後1年間は半額徴収、01年10月から全額徴収という経緯をたどっています。


制度の目的のひとつには“社会的入院”の解消があり、“在宅介護”を促進する意図がありました。しかし実際には24時間サービスを提供する介護士や介護サービス会社の不足から、重度要介護者の在宅介護は困難である場合が多いのが実態です。


また年々、要介護の高齢者は増加の一途をたどっていて、一時的にでも預けられる介護施設の不足も、介護保険のスタート以来解消されていない大きな問題となっています。


種々の介護サービスを利用するにあたっては、まず被保険者が介護を要する状態であることを公的に認定(要介護認定)される必要があります。要介護認定は認定調査の結果によって行政サイドが行い、「要支援」1・2、「要介護」1~7の段階に分けられます(要支援の場合、利用できるサービスは限定される)。


介護保険の最新情報

MENU



スポンサードリンク